クリーニングはやってはいけません!|古銭買取評判.net

古銭のクリーニングはするべきか

古銭

不用品を処分するときに買取金額をアップさせる方法として、売りたいものをしっかりと掃除しておくと良いと言われることが多いのですが、古銭の場合は必ずしもそれが査定アップにつながるとは限りません。
なぜなら、古銭は汚れも一つの価値とされていてクリーニングをしてしまうとかえって価値が下がる可能性があるからです。口コミなどを調べてみると、実際にクリーニングをしてかえって査定がダウンしてしまってショックを受けている人もいますね。綺麗なものほど価値が高くなると思いがちですが、古銭の場合はそのまま査定に出すのが実は一番なのです。

また、日常的な保管方法も査定に影響してしまいます。古銭をいつか処分しようと思って無造作に保管していると、錆びなどが発生し劣化をする可能性があるからです。

価値があると思われる古銭を保管する場合は、なるべく空気に触れないようにするのがベストです。最も代表的な保管方法としては専用のケースやファイルなどに収めておくことが挙げられます。しかし、なかなか完璧に専用のケースに保管しておくことは難しいのではないでしょうか。
口コミで評判の良い方法としては、使い捨てカイロと一緒に密閉容器に保管するというものです。使い捨てカイロを一緒に入れておくことで、カイロが酸素を吸収し無酸素状態を作ることが出来るからです。

古銭の高額買取についてとにかく覚えておいて欲しい点は2つ、
①クリーニング不要
②カイロの使用で良い保管状態を保つ
です。高額買取を目指すならこの二つは是非覚えておきましょう。

前述したように、古銭を高く買取ってもらうためのコツをひとつずつ見ていくと、中には「余計なことをしたため古銭の価値を下げてしまった」という体験談も見かけることがあります。この余計なこととは下手に汚れをとろうとかえって傷をつけたり汚してしまうことをいいます。口コミによると、実は、良かれと思っていたことがかえってマイナスになることもあるので注意が必要、と書かれていることが多いのです。
古銭の場合、その名の通り古いものですから、場合によっては汚れが目立つものもあります。出来ればクリーニングをして綺麗にしてから査定に出したいと思うものなのですが、これは絶対にやめましょう。

古銭はとてもデリケートです。素人がやみくもにクリーニングすると古銭に傷が付いてしまうことがあります。汚れを丁寧に落とすつもりが、その汚れが古銭に傷をつけてしまったというケースもあります。ビンテージ物のジーンズが一番分かりやすいかもしれませんが、古さとある程度の汚れはそのものの価値を高めてくれる場合があるのです。私は買取してもらう際に業者に尋ねると、その通りだといわれました。「古銭は他のものと違って磨いたりしない方が高額の買取が期待できるのですよ」と教えてもらいました。私はもう少しでキレイに磨いてしまうところでした。

古銭も同様に、汚れが風合いを醸し出すこともありますので、汚れが気になっていても決してクリーニングせずにそのままの状態で査定を依頼しましょう。もしもクリーニングが必要な状態だったときは、古銭の正しい知識を持つ査定員によってクリーニングが行われますので問題ありません。私はそのままの状態で売ったので、高く買取してもらえて大満足です。売る前にクリーニングしようと思っている人は、ちょっと待ってください。そのまま売るほうが買取額はアップします。

↑ PAGE TOP