同じ昭和62年の50円硬貨なのに!!|古銭買取評判.net

昭和62年製の50円硬貨は25000円

古銭だけでなく、現在日本で実際に使うことが出来る硬貨の中にも、稀に価値が非常に高いものがあります。なぜそのようなことが起こるのかというと、硬貨や紙幣は毎年生産数が一定しているわけではなく、その時の経済状況などの要素によって変わってくるからです。

製造数が少ないイコール貴重なものという事ですから、年代によっては実際の価値よりも大幅に高い値段で取引されています。

特に昭和60年代に製造された50円硬貨は高値で取引されることが多いですね。その中でも昭和62年の50円硬貨は、8,500~25,000円という価格で買取されています。

昭和62年50円

年式のみで価値がわかるので、素人でも判別がつきやすい反面日常生活で知らず知らずのうちに使ってしまう危険性があるというのが問題ですね。

口コミをみると、持っていたような気がするけど使ってしまったかもしれないとか、不安になる人が多いようです。実際には数自体が少ない事もあって、そういった事はあまりないのですが、普通に使えばただの50円の価値しかないわけですからね。

その他の価値が高い硬貨としては、オリンピックなどの大きなイベント時に発売される記念硬貨などは人気が高く買取価格も高値が付きます。

例えば長野冬季オリンピックで発売された記念金貨は付属品込で4万円前後で取引されています。

↑ PAGE TOP