高額買取品目になる古銭とは?|古銭買取評判.net

まさかの高価買取品目が眠っているかも!

古銭の中には見た目で額面が分かるものもあります。日本円でこれぐらいなら、いまの時代だとどのぐらいの価値があるのだろうと気になります。一枚一枚見ていくと、額面以上の価値があるものもあります。査定員に見せる前に自力で色々調べた結果、中には8万円という高額買取されているものもありました。

実際にはどんな古銭が高価買取品目として挙げられているのか、査定に出す前に調べてみると驚きの結果がでることもあるようです。ぜひ、調べてみてくださいね。

日本で高価買取されているものの中で一番分かりやすいのはエラーやゾロ目です。エラーというのは印刷がずれていたり、穴が開くべき場所からずれて穴が開いていたり、紙幣ナンバーがゾロ目だったりと、普段でも珍しいものとして知られているものです。

また和同開珎、古金銀、小判、近代銭なども高価買取中の古銭としてコレクターの間でも人気があります。古金銀の中でも驚くほどの値段が付いているものといえば譲葉丁銀が(200万~400万円)、文禄石州丁銀が(500万~700万円)でしょうか。

文禄石州丁銀和同開珎

近代銭の場合は明治以降の金貨や銀貨が主立っており、明治初期の旧金貨は数十万円から数百万円の値が付いています。思いがけないところから、これほどまでの高価な古銭が出てくることがあるのです。

↑ PAGE TOP