昭和62年の500円硬貨って希少価値があるの?|古銭買取評判.net

昭和62年製造の500円硬貨の価値とは?

古銭と聞くと大判小判など大昔に使われたお金というイメージが強いですが、現在日本で流通し使うことが出来る硬貨の中にも価値の高いものは沢山あります。

例えば、その硬貨が製造された年によって生産数が異なるので、特別数が少ないものは実際の価値よりも高価で取引されることがあります。例えば昭和62年に製造された500円硬貨ですが、2倍から3倍程度の価格で取引されています。

500円

昭和62年は全体的に硬貨の生産数が少ないようで、50円玉などもこの年に作られたものは価値が高いです。毎日の生活で使用しているものの中に、こういったものがあるとは普通は思わないですよね。

口コミでも、少しでも得できたかもしれないのに、知らずに使ってしまったかもしれないという声があるくらいですから、一度所持しているお金の年式を調べてみるのも良いかと思います。

ココでの注意点は、あくまでも生産量が少ない年の硬貨が価値があるという事です。古ければ良いというわけではありませんので、買取業者に査定を依頼するときはそのことを頭に入れておきましょう。

また、元々の数が少ない年の硬貨は、エラーコインとなるとさらに価値が高まります。500円硬貨の場合は角度ずれ、ずれ打ち、影打ちなどの種類があります。

↑ PAGE TOP