エラーでびっくりな値段になります!!!|古銭買取評判.net

希少なエラーコインは買取金額も高い

日本で現在発行されている硬貨の中でも、価値の高い定番品が穴がずれている、もしくは穴が開いていない5円硬貨、50円硬貨です。裁断するときに位置がずれてしまう事で、本来の形とは違うものが出来上がってしまうのです。

このような硬貨のことをエラーコインと言い、ずれが大きいほどコレクションとしての価値が高まると言われていますね。例えば元の穴の位置から大幅にずれてしまった50円硬貨は30万円を超える価格で取引されています。

エラー50円

また穴がそもそも開いていない50円玉の高額買取もおこなわれているそうです。とある体験談をご紹介します。「貯金箱がいっぱいになり開封をしたところ、偶然穴の開いていない50円玉を発見しました。穴が開いていないものを見るのは当然はじめてで、まず思ったのはこれ使えるの?といった疑問でした。でも偽物ではないだろうから、穴が開いてなくても使えるだろう…と使えるかどうかを確かめるためにインターネットで検索してみたのですが、なんと50円が20万円から30万円で買取されていることが判明。いち早く買取業者に相談して査定してもらいました。」やはりエラーコインというのは総じて高い値段をつけて買取してもらえる可能性が高く、額面以上の価値がつくことは間違いないようです。

現在では技術力も上がり、そもそもエラーコインの発生率が低くなっているので、年々その価値が上がってきている印象もあります。

紙幣の場合も裁断ミスや製造番号のズレなどによって高値で買取されることもありますし、外国のお金にも同様のエラーコインが存在しますので、一度持っているものを確認するのがお勧めです。

実際に調べてみたらエラーコインが見つかったという口コミも少なからずありますからね。意外なものが価値を持っているのが、コレクター心をくすぐる訳で、チェックしない手はないでしょう。

硬貨の場合、穴ずれ以外にも、角度ズレや窪み、凹みなどがありますが、穴ずれよりもはるかに気が付かずに、知らない間に使ってしまう可能性も高いです。

古銭はもちろん、エラーコインについても注意して見ておきましょう。

↑ PAGE TOP