依頼手順の流れはこちら!|古銭買取評判.net

古銭買取が成立するまでの手順は?

古銭

古銭の買取専門業者に処分を依頼する場合、どのような流れになるのでしょうか。一般的に出張買取、宅配買取、そして店頭買取のいずれかを選ぶことになりますが、基本的な買取の手順は同じです。

どの方法を選んだとしても、処分したい古銭を査定し金額を通知、そしてそれに納得した場合買取が成立し、現金の支払いという流れになります。

その中でもおすすめなのが出張買取です。口コミでも非常に評判の高い方法で、古銭買取業者の対応エリア内に限られますが、専門知識を持った鑑定士が自宅まで出向き、そしてその場で査定その場で支払いという流れになります。

人気の業者の場合は、大抵が土日祝日にも対応しており、インターネットからの申し込みであれば24時間受け付け可能になっているのも口コミで評価が高い理由でしょう。業者によっては申し込みをしてその日のうちに訪問が可能という場合もあります。私の場合も、すぐに対応してくれて、大助かりでした。

自分でお店に出向く必要がなく、なおかつ宅配買取のように申し込みから買取成立までのタイムラグがないので、スピーディな手続きが対応可能なので、時間があまり取れない忙しい人にもおすすめですね。

ただし、出張買取は対応エリアが限られている事が多いですので、申し込みをする古銭買取業者のホームページでしっかりと確認しておいた方が良いでしょう。また、気をつけたい点が、その場で買取を成立させる際には身分証明書を持っておく必要があることです。一般的に使用可能とされる身分証明書は以下のとおりです。
・運転免許証
・各種健康保険証
・日本国パスポート
・各種福祉手帳
他にもマイナンバーカードなど様々ありますが、とにかく身分証明書を用意しておくことが重要です。私は免許証を持っていなかったので、持っていたパスポートを探して見せたのですが…パスポートをどこにしまったのか忘れてしまい、探すのに手間取ってしまいました。査定してくれた人も待たせていたため、焦ってしまって余計に探すのに時間がかかったような気がします。せっかく家に来てもらって便利に買取してもらえたのに、焦って探して疲れる羽目になってしまいました。
身分証明書がいるということを知らないままで査定してもらったので手間取ってしまいましたが、あらかじめ用意しておけばよりスムーズに買取が進んだと思います。さらに、18歳未満の方は保護者の方の身分証明書も一緒に提出しなければならないので、覚えておきましょう。 もちろん、ご自身のものも必要ですから、2枚の証明書を出すという形になります。
そして、さらにポイントなのが、「買取をしてもらうたびに提出しなければならない」ということ。 たとえば同じ業者で2回目の買取であっても提示を求められます。 買取のたびに必ず出さなければならないので、忘れないように用意しておきたいところです。きちんと必要な書類について知識を身につけ、準備しておかなくてはいけませんね。

↑ PAGE TOP